【Googleフォトの容量制限なし終了】乗り換え先としてpCloudが使えるか検証

買って良かったもの

グーグルフォトの無料・容量無制限でのサービスが2021年5月をもって終了します。

非常に便利なサービスで多くの方が利用してきたのではないでしょうか?

6月からの無料容量は「最大15GB」となります。

「15GBでは全然足りない!」という方は、乗り換え先を検討しなければなりません。

その上で、新進気鋭のクラウドサービス「pCloud」が代替先になりうるか検証します。

pCloudは「買い切りプラン」がある唯一のクラウドサービス

クラウドサービスといえば、何が思い浮かぶでしょうか?

Dropbox、One Drive、Google Drive、iCloudなどが有名だと思います。



いずれも5GBや10GBなど少しの容量は無料利用できますが、けっこう写真を取る人にとっては全然容量が足りません。

また、大容量サービスを利用するには毎月(毎年)利用料を支払わなければなりません。

これらのクラウドサービスの場合、「使用する限り、永遠に利用料を支払い続けなければならないこと」、これが個人的には好きではありません。

使い続ければ、馬鹿にならない値段になるからです。

例えば月1,000円だとしても、10年使えば12万円も支払うことになります。これってかなり大きな金額じゃありませんか?

今回紹介する「pCloud」はスイスの小さな会社が初めたクラウドサービスです。

pCloudも無料利用できるのは、最大20GBまでです。

しかし、他と違いがあるのは、買い切りプランがあることです。

値段は、500GBが175ドル(1万8,500円くらい)、2TBが350ドル(3万8,000円くらい)します。

ただ、例えばDropboxの2TBプランが月1,200円しますので、1年に換算すると14,400円。

pCloudにすれば、2年ちょっとで元が取れる計算です。

さらには、セールの時期で購入すれば、1万円以上安く買うこともできます。詳細はこちらの記事で。

少しpCloudに興味を持った方は、こちらの記事でpCloudのメリット、デメリットを記載していますのでぜひ御覧ください。

pCloud Premium

Googleフォトの代わりにpCloudが使える?

グーグルフォトは容量無制限で使用できていました。

pCloudの買い切りプランにすれば、まずは2TBまで容量関係なしに使用できます。

2TBもあれば基本的に写真の保存に困ることはないのではないでしょうか。

容量的には、十分代替策として期待できそうです。



では、使い勝手が実際のところどうなのか検証しました。

メリット①:写真の自動保存機能あり

グーグルフォトでは、スマホで撮った写真を自動バックアップする機能がありました。

このバックアップ機能はぜひあってほしいところです。



バックアップ機能は、pCloudにもしっかりと付いています。

アプリから設定すれば、撮影・保存した写真を自動アップロードしてくれます。

メリット②:プライバシーの保護機能がすごい

pCloudのもう1つのすごい点として、究極のセキュリティ機能を備えていること

セキュリティ機能については、pCloudが絶対の自信をもっているようで、軍事用と同等レベルの暗号機能を持っていると示しています。

他のクラウドサービスとは違って、提供会社からのアップロードされたファイルの閲覧ができません。

あるクラウドサービスでは、例えばアダルト画像をアップロードすると削除されるなどの検閲が行われているそうですが、pCloudの機能を使えば、そもそもどんな画像をアップロードしているかも把握されません。

このようにセキュリティ機能も素晴らしいのですが、難点としてはこのプライバシー保護機能を使うには、別途支払いが必要になることです。

Encryptionというプランで125ドル(13,500円)を支払う必要があります。

ただし、こちらも買い切り型で、1度買えば一生使うことが出来ます。

(3.99ドルで1ヶ月使用することも出来ますが、買い切り型がオススメです。
また、14日間のトライアルもできるため、購入前にはトライアルをすることをオススメします。)

pCloud Crypto

デメリット:ビューワー機能が遅い

pCloudがグーグルフォトの代替措置として考える中で、デメリットなのがビューワーとしての機能です。

グーグルフォトは、一瞬で保存している写真を閲覧できます。

アプリからでも、観たい写真をすぐに見つけ出すことができます。

一方で、pCloudの場合ですと、タイムラグがあります

通信環境にもよりますが、僕の場合だとちょっと前の写真をさかのぼって探そうとすると、上の画像のような画面が10秒ほど続きます。

観たい写真をすぐに探し出したい時は、少しストレスがかかります。



これは残念ですが、pCloud自体写真に特化したサービスではないので仕方ない・・・、と思っています。

まとめ:写真保存場所としてpCloudはグーグルフォトの代替になる

pCloudの場合、閲覧機能には現状課題があります。

しかし、写真を安全にクラウド上に保存したい!どんな端末でどんな時でも確認したい!という需要を満たしてくれます。

グーグルフォトの容量無制限でのサービスが終了するのは痛いですが、pCloudの買い切り型プランを購入しておけば、他のサービスよりも安く便利な生活を送ることが出来ます。



とりあえず試してみようかと思った方は、次のリンクからダウンロードをどうぞ。

Windows版はこちら、Mac版はこちら

紹介コードはこちらです。コードを利用していただければ、追加で1GBもらえるので、よかったらご利用ください。

pCloud Premium

おまけ:pCloudの買い切り型はセールが実施される

pCloudの買い切り型がお得だと言っても、350ドルはさすがに高い・・・と思う方もいらっしゃると思います。

pCloudは定期的にセールを実施しています。

おそらく1番安く購入できるのが、ブラックフライデー(11月)。

245ドルになるので、1万円以上は安く購入できます。

他にもクリスマスセールなどやっているようです。

セールが実施されれば、僕のTwitterで発信するようにしていますので、よろしければフォローしていただけると嬉しく思います。

記事の下にあるTwitterのボタンをクリックください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました